Category: 地域ビジネス

こんにちは!

さてさて、今日のお題。

インターネットをあまり使わないターゲットへ、Web集客をする方法は?

について、ご回答します。

 

 

単純に考えて。

ターゲットに合わせた集客方法を選んだ方が、リーチしやすく、効率的です。相手に寄り添った、集客方法を選びましょう。

企業だったら、Web集客もある程度取り組む必要はあります。ただ、小資本の零細企業・個人経営の会社の場合は、資本も人的リソースも余裕がないので、まずは、相手に合わせた集客方法に取り組んでください。

チラシ、FAX DM、DM、フリーペーパー、地域を絞って新聞の折り込み、特に地域メディアにターゲットを絞ってプレスリリースなど。

 

その上で、補助的な役割として、Webで情報を出してあげてください。

紙媒体やマスメディアでは、掲載される情報に制限があります。スペースも限られていますし、写真枚数は限られていますし、動画なんて紙媒体には載せられませんよね。

「もっと詳しく知りたい!」そして、「出来るだけ簡単に問い合わせや購入したい」という方の為に、情報フォローと、問い合わせ窓口を作ってあげてください。

チラシなどに、「詳しくは○○で検索」などと書いて、ホームページやブログに誘導する、動画などでお客さんの声を紹介する、などなどです。

ただ、時々、「詳しくは○○で検索」の部分が目立たないものがあります。「○○で検索」はわかりやすく掲載してください。そして、詳細はパソコンページに誘導されているチラシがあります。ターゲットによっては、スマホで検索される方の方が多い場合があるので、スマホにも対応してください。

 

 

さいごに。Webでの集客の方が手軽に見えますが、アナログの方が効果的な場合は多いです。Webでは積極的に検索してくださる方の集客がやりやすい事、情報があふれている事、そして今は逆に、アナログ集客の底力が見直されてきています。Web集客は、思った以上に、手間と時間が必要です。

特に地域ビジネスでは、アナログ媒体での集客は必須です。

 

 

地域ビジネスをされていて、Webでの集客がいまいちうまく行っていないなーと感じたら、アナログ媒体で集客をしてみてくださいね(^-^)

 

 

 (さらに…)